ブラジル TPRBR

概要

overseas_tprbr.pngブラジル/TPRBR: TPR Industria de Pecas Automotivas do Brasil Ltda.
製造拠点(シリンダライナ)
ブラジル サンパウロ州
Av. Armando Lopes Ribeiro 410, Colonia Rodrigo Silva, Porto Feliz, CEP: 18.540-000 SP, Brazil.


海外赴任者インタビュー

赤松 隆昌

赤松部長2.jpg

Ola!! 海外シリンダライナ製造拠点として8拠点目、TPRグループとしても初の南アメリカ大陸ブラジルに設立されましたTPRBR(TPR Industria de Pecas Automotivas do Brasil LTDA)から、ブラジルについてと拠点の近況を報告します。

まずはブラジルについてですが、ご存知の通り、ここは日本に対して地球の真裏に位置し、日本から最も遠い国です。飛行機では、直通便はなく、必ずどこかの国で乗り継ぐ必要があります。時間も季節もちょうど逆、太陽は北を通ります。皆さんがイメージするブラジルといえば、"熱狂的なサッカー王国"でしょうか?私も来る前はそれくらいしかイメージが無く。。。みんなそれぞれ必ず、ひいきのチームがあり、自分のチームが一番いいチームであることを疑わず、義理でも相手チームはほめないくらい熱狂的です。街中やアパートの敷地内はもとより、大きな会社だと福利厚生施設としてフットサルコートを持っているところもあります。また、実はサッカーに限らず、バスケットやバレーボールなどスポーツ全般が盛んです。

赤松部長3.png

また、ブラジルはサトウキビの生産が多く、世界の約40%、特に私がいるサンパウロ州ではブラジル全体の60%を占めます。それにより、砂糖はもちろんのことですが、ガソリンに対して安価なエタノール燃料が普及しています。そして、サトウキビからはお酒も作られます。これはカサーシャと呼ばれ、世界で第2番目に多く消費される蒸留酒とのことです。アルコール度数は高いですが、すっきりとした味で私も大好きです。機会があれば皆さんもぜひ飲んでみてください。

赤松部長1.jpg

さて、拠点についてですが、TPRBRは2014年3月に製造拠点設置のための準備会社として設立され、製造会社設立の申請や工場建設認可取得を経て、同年8月から現在の社名のシリンダライナ製造拠点として、サンパウロ州ポルトフェリースに建屋建設を開始しました。この時行われた竣工式には、州知事のほかテレビ局によるインタビューもあり、TPRに対する興味と期待が感じられる状況です。 

2015年になり建屋建設と並行して、ブラジル国内調達設備や日本からの設備の設置を行い、6月に火入れと試作品の初回納入を行うことができました。日程的にタイトではありましたが、マザー工場からの多大なご支援をいただき、最初の目標を無事達成することができて安堵すると共に現地従業員にとっても大きな自信になりました。

とはいえ、製造工場としてはまだ始まったばかりで、引き続き2016年1月の量産納入開始に向けた安定的な操業体制の構築や現場人員の教育、グローバルスタンダードの品質及びその保証体制の整備などを推進中です。